RIMS共同研究(公開型)「可積分系数理の諸相」

  • 日時:2021年8月25日(水)から27日(金)
  • 会場:オンライン(Zoom 利用)
  • 代表者:前田一貴(福知山公立大学情報学部) Email: Email

この研究集会は,「可積分系数理」をキーワードに,常微分方程式論,確率論,組み合わせ論,実解析,応用数理,代数幾何学,微分幾何学,数論など幅広い分野の研究者の情報交換を目的としています.

今年度は COVID-19 対策のため,オンラインで開催します.Zoom のクライアントを準備してください.既にインストール済みの方も最新版にアップデートしておくことをおすすめします.Zoom の使い方がわからない方は RIMS で用意しているマニュアルをご覧ください.

参加登録

受付終了しました.参加者数は89名となりました.ありがとうございました.

参加者へのお願い

  • 終了後に実際に参加した人のリストが必要なため,Zoom での参加時は登録した氏名に設定してください.
  • 講演の録画やスクリーンショットを撮ることはご遠慮ください.
  • 本共同研究事業を活用して得られた成果を論文で発表される際には謝辞記載をお願いいたします.
  • 今年度よりRIMS行動規範が定められました.参加者の方はお読みいただきますようお願いいたします.

プログラム

8月25日(水)

13:40–14:30 柳澤大地(東京大学先端科学技術研究センター)
非マルコフ完全非対称単純排他過程の流量の近似式
14:40–15:30 松家敬介(武蔵野大学工学部)
超離散化可能な反応拡散系の離散化の諸性質
15:50–16:40 瀬川悦生(横浜国立大学大学院環境情報研究院)
量子ウォークから動機される幾つかの全域部分グラフの数え上げ

8月26日(木)

09:30–10:20 安本真士(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
可積分変換による離散曲面の構成
10:30–11:20 松浦望(久留米工業大学工学部)
離散キルヒホフ弾性棒の明示公式
11:40–12:30 永井敦(津田塾大学学芸学部)
離散ソボレフ不等式とその応用
13:40–14:30 筧三郎(立教大学理学部)
格子ソリトン方程式と戸田階層
14:40–15:30 山根英司(関西学院大学理学部)
μ-Camassa–Holm方程式の大域的実解析解
15:50–16:40 蛭子彰仁(千葉工業大学情報科学部)
一般超幾何微分方程式 $_3E_2$ の $x=1$ における正則解

8月27日(金)

10:30–11:20 竹山美宏(筑波大学数理物質系)
多重ゼータ値の q 類似とその数論への応用
11:30–12:20 名古屋創(金沢大学理工研究域)
不確定特異点型共形ブロックとパンルヴェ方程式
13:40–14:30 朴佳南(関西学院大学大学院理工学研究科)
$E_6^{(1)}$ 型 q パンルヴェ方程式のラックス形式
14:40–15:30 竹村剛一(お茶の水女子大学理学部)
On q-Heun equation and q-Painlevé equation